ruhgrhoihgotihgwo4


瀬戸内海の自然が海外で密かな話題を呼んでいました

概要

日本の自然の中に見出された静寂という芸術

飛行機で飛び、電車を3本使い、フェリーに2回乗り、そして自転車で走って辿り着いた先に存在するのは…そう、静寂です。

遥か長旅をしてまでこの静寂を求めにやってくる…それだけの価値がここには存在します。

ベネッセアートサイト直島は瀬戸内海に浮かぶ直島、豊島、犬島で展開されているアート活動の総称であり、目まぐるしい都会での生活からの休息地を設けるべきだという実業家福武総一郎の呼び掛けにより始まりました。

福武財団とベネッセホールディングスから運営されるこの活動は、人々が芸術と融和できる様々な機会を提供しています。

例えば直島に位置する安藤忠雄設計の地中美術館は、モネを始めとした世界的有名な芸術家達の作品が展示されており、豊島では芸術家内藤礼と建築家西沢立衛によって建てられた豊島美術館が存在します。

この場所は、訪れた人々を自然の静寂で包み込み、全てを忘れさせてくれるような、そんな平穏なひと時を提供してくれます。


■引用元


SPONSORED LINK 


海外の反応


・自分探しの旅でもあるかもしれないね



・フィンランドでは数キロ歩いただけで、森の中の静寂を手に入れることができるよ



・沈黙が奏でるメロディーというわけだ



・静寂は魂に響き、心の奥深くまで浸透するものだよね



・美しいね


・なんだかゲーム世界みたいだ 



・私たちがいるこの場所にも、こういったものが必要だと思う



・驚くほど素晴らしいよ!



・とっても興味深いね



・ぜひ行ってみようかな!



・ここに行ったことあるよ!君たちも絶対行くべきだよ!



・静寂を求めるなら必ずしもどこかに行かなきゃいけないってわけじゃないけど、この俗世界で心の平穏を見つけることは私たちにとって重要だよね



・だけどここにはWi-fiあるの?(笑)



・いいアイディアだと思うね



・ここにぜひ行ってみたいな!



SPONSORED LINK 



SPONSORED LINK