9yg983yg89y8y89889


日本人には違和感のないクリスマスのKFCですが、実はこれ

「バレンタインデーにはチョコレート」
「婚約指輪は給料三ヶ月分」

と同じように巧妙に作られたイメージ戦略なのだそうです

KFCの本場アメリカからするとわざわざクリスマスにファーストフードを食べるのが奇妙に映るようです

概要

「クリスマスのチキン文化を日本で定着させたKFC」


クリスマスの時期、アメリカではホリデーハムやシュガープラムと言った定番料理を思い浮かべますが、日本ではとあるファストフード店のチキンがクリスマスの定番となっているようです。
 

そう、賢いクリスマス商戦でその座を勝ち取ったKFCなのです。


調査によると現在では、360万もの日本の家庭でクリスマス時期にKFCが食べられている事が判り、クリスマス当日にはフライドチキンを購入する為に大勢の人々が長い行列を作っています。


KFCのクリスマス商戦は、日本で最初のKFC店舗を手掛けた大河原毅氏の提案により始められました。尚、彼は1984~2002年迄の間KFCのCEOも務めています。


1970年、最初の店舗がオープンして間もなく大河原氏はアメリカのターキーディナーからアイディアを得て、ターキーの代わりにフライドチキンを入れた「パーティーバレル」をクリスマスに売り出そうと考えました。


その後、全国的に販売促進活動が始められたのは1974年の事で「クリスマスにはケンタッキー」と言うキャッチフレーズで世に知られる事となりました。


元々日本にはキリスト教信者は国民の1~2%程しか居らず、クリスマス文化というものはなかなか確立されなかったのです。


そこでKFCは、宗教とは無関係なコマーシャルを製作し「クリスマスにはチキンを食べよう」と謳ったのです。


アメリカでは決してクリスマスの定番となる事のないKFCですが、こうして日本ではあっという間に全国でクリスマスの定番として定着していったのです。



■引用元


SPONSORED LINK 


海外の反応


・来年のクリスマスは日本に行きたいな〜!



・KFCなんてちょっと狂ってるよ(笑)



・まじで?!絶対ヤダ(笑)



・知らなかった!


・他に美味しいものいっぱいあるのになんでわざわざKFCなんだ。理解に苦しむよ 



・何年か前にKFC食べたけど超マズかった…



・ ↑僕もオススメはしないけどマーケティング戦略の凄さにはびっくりしたよ



・どうやって事前予約するのか調べなきゃ



・ ↑フツーのやり方じゃダメなんじゃない?



・当日朝早く行かずに買えなかった事、今でもよく覚えてるよ(笑)



・友達が喜びそうな話題だわ(笑)



・ ↑カーネルのサンタコスプレにKFCの配達サービスなんて最高じゃん!



・日本ではターキー買えるけど大体はサイズが小さかったり、自分でローストしなきゃいけないから面倒なんだよね。



・僕はケンタッキー州出身だけどまだ一度もKFC食べたことないよ



・ ↑ 私も一度もない!でもオリジナルレシピが手に入るなら自宅で作ってみたいかも。



・日本のクリスマスは本当にKFC混むもんね。でも今年は友人宅でご馳走になるから心配いらないや。



・これって天ぷらじゃないの?日本だし、ちょっとよく意味が分かんないよ



・僕はクリスマスにKFC、全然賛成!



・ちょっと日本のこの光景想像付くわー(笑)



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK