5ff67f6776f676777ff6


歯磨きをおねだりする名古屋港水族館のクエが海外でも話題になっていました

概要


名古屋港水族館にいるクエは、どうやら変わった方法で人に懐いているようです。

二見一番と名付けられた体長およそ1メートルに及ぶこのクエは、いつも飼育員の岡本仁さんを見つけるとなんと歯磨きをおねだりしに近寄ってきます。

岡本さんはこれに対し、「ここまで人馴れした魚も珍しい」と言います。

このクエは三重県伊勢市にある水族館からここ名古屋港水族館に2014年に移され、当初は食べることすら拒否するほどでした。しかしその一か月後に飼育員の岡本さんが歯茎をつつこうとするとこのクエはそれを楽しむような素振りを見せ、そして今年歯磨きを要求するようになっていったのです。

魚の行動習性に詳しい中京大学桑村哲生教授はこれに対し、「人間の手で触られる感覚は、クエの寄生虫を取り除くホンソメワケベラのひれで触られる感覚と似ているために心地よく感じられるのかもしれない」とその理由について述べています。


■引用元


SPONSORED LINK 


海外の反応


・信じられない話だね!



・どうやってこれを発見したのか気になるな



・もし退屈ならこのクエの歯を磨きに行ったらいいかも!いいバイトになるよ(笑)



・うちの犬もこうなってくれたらいいんだけど…



・おもしろい話だけどこのクエがなんだかかわいく感じられるよ(笑)



・みんなビデオも見るべきだよ!



・とってもかわいいクエだね!



・肉食動物だって考えると、このクエが歯を磨かれる必要があるのは自然のことのように感じられるけどね



・この魚を見に日本に行くべきだね



・デンタルフロスで掃除されるのは好きじゃないみたいだから、このクエは歯医者には行けないねw



・これが21世紀だ!!



・この魚に会いにいつか日本に行くよ!



・もしかしたら彼らはこのクエの歯を磨くインターンを探しているかもしれないね



・申し訳ないけどクエは僕の大好物なんだ…美味そうに見えて仕方ないよ



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK