76f6767fdddd677


海外の反応はちょっと薄かったのですが、日本の音楽シーンを詳しく解説した記事があったのでピックアップします

概要

過去12ヶ月の日本の音楽業界を見るには2つの権力争いが浮かび上がる。

一つは2016年という年はアーティストの黄金期である。宇多田ヒカルやSMAPなど音楽業界の話題が絶えない。ただし、これらの情報は事務所がすべての権利を保有しているため、無料のストリーミング配信サービスで簡単に情報は見られない。


つまり事務所が最大の権力を保持している。


そしてもう一つ、若者が作り出す音楽の影響である。YouTubeやMixChannelなどを使った無料動画配信である。CDを買うよりも、感性を生かし、自由に自分たちの音楽をネットにアップすることで人気が集まり、また視聴者はそれらを世間に広めていく。

ここでは視聴者が権力を持っているのだ。


誰もが踊れるダンスや歌えるメロディに視聴者による自分たちで踊れる・歌える動画があっという間に広まった。期待を超える再生回数を生み出している。


音楽をいかに世間に広めるには‘私でもできる‘というのがキーワードであろう。


今やプロも顔負けする動画編集などが簡単にできてしまうため、視聴者はいとも簡単に流行りを作り出せる。

日本の音楽業界は今までは主導権を事務所が握り、意図的に流行りを作っていたが、これからは音楽に対し、感受性や自由性を重視し、流行りを視聴者の手によって広めようとしている。



■引用元

SPONSORED LINK 



海外の反応


・日本の音楽業界をもっとよくするには海外市場をもっと見るべきだと思う


・アニソンのような歌を期待しているわ


・宇多田ヒカルのFANTOMEは海外でも素晴らしい


・もっと世界に向けて発信して


・PERFUME大好き


・これから日本の音楽がどんな流行りを作り出すのか楽しみだ


・もっといっぱい楽しい音楽を作って


・私もJpopを踊ってみたい


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK